relaxenon

Top

おなじ話

最近よく聞く

あ 今聞くと暗くなる いかんです

さー 1日遅れの仕事納め 職場にほ殆ど人影がない 猫影すら
・・・タイムカード的なあれはどうなるんだろ 事務が居ない気がする

年末 色々とありましたが元気です
来年も宜しくお願いいたします





先日ざっくんの展示に行ってきました
気付いたら最終日 駆け込みで
写真かっこよかったです マットレスのやつが特に
真っ白いピシッとしたギャラリーの壁で展示 という感じではなく
暖かいような空間に映える写真なんだな と思いました もうちょっと場所が広かったらいいのにね

自分も一応 写真をやっているので がんばってる人を見ると色々考えます
考えすぎて頭いたくなって寝ました 次の日はお世話になった方の告別式で また色々考えてまた頭痛です

まず 写真の事
自分が主体の作品としての写真 売る事を基本的な考えとした写真 第三者から頼まれて撮る写真
作品だろうがアサイメントだろうが写真には変わりないのですが それによって食える食えないは大きく左右されます

作品を売って日々を暮らせれば それは素晴らしい事ですが
現実的な話 例えば作品を1点15万で売ったとしても 売れ行きには大きなバラツキがあるでしょう
全く売れないこともしばしば
それよりはコンスタントにアサイメントをこなしていった方が 確実な収入になります
収入により揃えられる機材は多くなり 結果 撮る事ができる写真に幅がでてくるのは事実です

昨日 高校からの友人と昼を食べながら話していたのですが
ジャンルは違えど やはり作家としてやっている人の大半は別の仕事を軸として持っているんですよね

今 自分は 実のところ食うための写真をやっています 本当に向かいたいところは別の場所です
その向かう先が仕事と直結していれば もしくはそれを仕事として扱えればよいのですが これがなかなか

最近また作品作りや展示という方向に目が向くようになったものの
一度にいくつもの事を抱える事ができない不器用な質なので どこかを削らないと というのが目下の悩みであります
それで失敗した最たる例が卒制であって ・・・学生だから許された訳ですが


あとは人間関係
別に人間関係が拗れている訳ではないのですが 自分は人の為になっているのかと考えます
それは以前所属していた会社でのトラウマでもありますが

よかれと思ってしていた事が 実は誰に対しても響いていなかったとしたら これほど悲しいことはないな と
精神的な見返りは大事だと思います

それと梨の礫は痛いという事をつくづく
昔はちょっとやそっとの事では動じないような 割と図太い というより どちらかといえば鈍感だったのですが

何事にも動じず 大きく構えていられるようになりたいですね

なんだか年末の締めくくりなのかと思ったら全くそうではない愚痴のような文章ですが
これにて 〆


追記
読み返したらなんだかガクガクした文章だ
しかしまぁ 食う為の写真だとは言いつつも かなり楽しい仕事です
そこが恵まれているのは贅沢な事
[PR]
by crazysmiles69 | 2009-12-29 11:32 | silly